All photos by courtesy of SuperHeadz INa Babylon.

English
English
Loading

コラム column

2019年4月25日

バラエティ

☆記念企画「事務所メンバーがお勧めするジャンル別ベスト15」第9回

「ボールパーク 行ってよかった15選」

弁護士 北澤尚登(骨董通り法律事務所 for the Arts)

私は野球観戦が趣味なので、これまでに行った球場(ボールパーク)から15選をご紹介します。
在米当時(2004~2006年)に訪れたアメリカの球場からも、いくつか挙げています。ただし、オープン戦(spring training game)の開催球場については、当時の名称を正確には思い出せないものもあるので、地名表記でご容赦ください。

15位 ドジャー・スタジアム(ロサンゼルス)

2006年のジャイアンツ戦を観ました。特に外野席後方の風景が、LAらしく開放感抜群。

14位 (旧)ヤンキー・スタジアム(ニューヨーク)

2005年のヤンキース対マリナーズ戦を観ました。イニング間の盛り上げがとても上手。

13位  フェンウェイ・パーク(ボストン)

2005年のマリナーズ戦を2試合観ました。快適さはともかく、独特さはピカイチ。

12位 (旧)広島市民球場

2000年のGWに、中日戦を観ました。街中で素朴な造りの、親しみやすい球場でした。

11位 ポート・セントルーシー(フロリダ)

2005年、メッツのオープン戦で松井稼頭央選手を観ました。快適で青空が似合う印象。

10位 タンパ(フロリダ)

2005年の3月に、ヤンキースのオープン戦を観ました。ヤンキー・スタジアムのカジュアル版という趣の、チャーミングな球場。松井秀喜選手は遠征中で不在でした(残念)。

9位 クリネックス・スタジアム(2013年当時の名称)

2013年のホークス戦を観ました(ちょうど運よく、乃木坂46の始球式も)。空が広くみえる開放的な球場で、仙台駅から歩いて行ける近さも好印象(観光と両立しやすい)。

8位 エンジェル・スタジアム(アナハイム)

2006年WBCの日本対アメリカ戦を観戦しました。ここでもイチロー選手の先頭打者ホームランをよく覚えていますが、ホームインの「世紀の誤審」を目撃したのもここです。

7位 ダーラム(ノースカロライナ)

ダーラムにあるデューク大学への留学中(2005年)、マイナーリーグの試合を観戦。伝統的なアメリカン・ボールパークの雰囲気。映画「さよならゲーム」の舞台だそうです。

6位 グリーンスタジアム神戸(2000年当時の名称)

司法修習で神戸在住だった当時、何度か訪れました。最後に観た試合(2000年6月)では、イチロー選手がライトスタンドに綺麗なホームランを打ってくれました。

5位 ピオリア(アリゾナ)

2006年3月、マリナーズ対パドレスのオープン戦を観ました。シンプルで素朴な、開放感のある球場です。マリナーズに移籍してきたばかりの城島健司捕手のプレーを、バックネット裏の2列目という絶好の席から見ることができたのも、オープン戦ならでは。

4位 西武ドーム

ドーム球場ですが、スタンドと屋根との間が空いていて、しかもそこから豊かな緑が見えるので、心地よい観戦空間になっています。都心から少し遠いですが、そのぶん(良い意味で)行楽気分も味わうことができ、とてもよい気分転換になります。

3位 セント・ピーターズバーグ(フロリダ)

2005年3月、レイズ対ブルージェイズのオープン戦を観ました。気候抜群のフロリダのベイサイドにある球場で、のどかなリゾート感を味わいながら、のんびり観戦できます。近くにあるセント・ピーターズバーグ市街も、落ち着いた雰囲気で好印象。

2位 セーフコ・フィールド(シアトル)

2010年のレンジャーズ戦を観ました。イチロー選手の、特に守備や走塁は、現場で観ると臨場感が断然違います。開閉式のドーム球場なので、屋根が動くときの迫力が印象的。試合前の場内ツアーでは、VIPルームやフィールドも見学可能でした。

1位 神宮球場

ここ数年は、六大学野球をよく観に行きます。「オープンエア+広すぎない+新しすぎない」の三拍子揃った、マイ・ベスト・スタジアム。内野席の後ろの方で、生ビールを飲みながら、デーゲームを観戦するのが最高の休日の過ごし方です。

以上

※本サイト上の文章は、すべて一般的な情報提供のために掲載するものであり、
法的若しくは専門的なアドバイスを目的とするものではありません。
※文章内容には適宜訂正や追加がおこなわれることがあります。
ページ上へ