• All photos by courtesy of SuperHeadz INa Babylon.

    English
    English

    所属弁護士 attorneys


    福井 健策Fukui Kensaku

    経歴

       
    神奈川県立湘南高等学校出身
    1991年
    東京大学法学部卒業
    1993年
    弁護士登録(第二東京弁護士会・45期)
    東京永和法律事務所入所
    1998年
    米国コロンビア大学法学修士課程修了(Harlan Fiske Stone Scholar 賞、セゾン文化財団スカラシップ)
    1998-1999年
    シンガポール国立大学(NUS) リサーチスカラー(アジア諸国の放送政策に関する助成研究)
    1999年-
    内藤・清水法律事務所(現青山総合法律事務所)パートナー
    2003年
    骨董通り法律事務所を設立  (現在、同代表パートナー)
    2009年-現在
    日本大学芸術学部 客員教授を兼務
    2015-2021年
    国立国会図書館 納本制度審議会 会長代理
    2017年-現在
    神戸大学大学院客員教授を兼務
    2017年-現在
    デジタルアーカイブ学会 理事・法制度部会長
    2020年-現在
    情報経営イノベーション専門職大学(iU)客員教授を兼務
    2021年-現在
    緊急事態舞台芸術ネットワーク 常任理事・政策部会長
    2022年-現在
    芸術文化観光専門職大学 客員教授を兼務

    著書・論文

    著作権とは何か~文化と創造のゆくえ集英社新書(2005年)・改訂版(2020年)
    エンタテインメントと著作権』1-5巻社団法人著作権情報センター〔シリーズ編著〕
    デジタルアーカイブ・ベーシックス1 権利処理と法の実務』勉誠出版〔監修〕
    アンドロイド基本原則――誰が漱石を甦らせる権利をもつのか?』日刊工業新聞社〔共著〕
    『ロボット・AIと法』有斐閣〔共著〕
    AIがつなげる社会-AIネットワーク時代の法・政策弘文堂〔共著〕
    著作権法コンメンタール 第2版勁草書房〔共著〕
    『18歳の著作権入門』ちくまプリマー新書
    『誰が「知」を独占するのか -デジタルアーカイブ戦争』集英社新書
    『「ネットの自由」vs.著作権: TPPは、終わりの始まりなのか』光文社新書
    『なんでコンテンツにカネを払うのさ? デジタル時代のぼくらの著作権入門』阪急コミュニケーションズ〔共著〕
    『ビジネスパーソンのための契約の教科書』文春新書
    『著作権の世紀~変わる「情報の独占制度」』集英社新書
    『エンタテインメントの罠 アメリカ映画・音楽・演劇ビジネスと契約マニュアル』すばる舎〔編著〕
    『舞台芸術と法律ハンドブック』芸団協出版部〔編著〕
    「映画ビッグバンの法的諸問題」NBL誌連載
    『エンタテインメント法への招待』ミネルヴァ書房〔共著〕
    『著作権判例百選 第4版』(別冊ジュリストNo.198)有斐閣(2009年)
    『著作権判例百選 第5版』(別冊ジュリストNo.231)有斐閣(2016年)
    著作権判例百選 第6版』(別冊ジュリストNo.242)有斐閣(2019年)
    『現代用語の基礎知識(知的財産権項目)』自由国民社(2013-2019年版) ほか
    連載 : 日経デザイン「福井弁護士の著作権教室」(2016年)
         アニメビジエンス「福井健策の著作権と法務とアニメ」(2013年夏号~)
         CNET Japan「18歳からの著作権入門(2014年、全20回)
         Internet Watch「福井弁護士の著作権ここがポイント(不定期) ほか

    執筆コラム

    日経新聞エキスパート投稿

    その他

    ニューヨーク州弁護士
    東京藝術大学非常勤講師(2004年-)
    東京大学大学院(人文社会系研究科)非常勤講師(2007-2010年、2014年)
    第二東京弁護士会 公害・環境委員会委員長(2004年度)
    同都市交通部会長(2010-2014年)
    thinkC世話人(2006年-)
    経済産業省「映像コンテンツ制作の委託取引に関する調査研究」ほか委員(2006年)
    文化庁「次世代ネットワーク社会における著作権制度のあり方に関する調査研究」委員(2006年)
    国立国会図書館 納本制度審議会 委員(2009年-2021年。2013年より同オンライン資料の補償に関する小委員長)
    同納本制度審議会代償金部会 部会長代理(2011-2015年)
    文化庁「著作物等のネットワーク流通促進のための意思表示システムの在り方に関する調査研究」主査(2011年)
    文化庁「電子書籍の流通と利用の円滑化に関する実証実験(文化庁eBooks)」ワーキンググループ主査(2012年)
    総務省「コンテンツ海外展開のための国際共同製作に係る事業企画の選定」選考委員(2013年)
    文化資源戦略会議 企画委員(2013年-)
    日本脚本アーカイブズ推進コンソーシアム理事(2013年-)
    本の未来基金運営委員(2013年-)
    さいとう・たかを劇画文化財団理事(2014-2020年)
    内閣「知的財産戦略本部」検証・評価・企画委員会 委員(2015-2019年)
    経済産業省「第四次産業革命に向けた横断的制度研究会 」委員(2016年)
    総務省「ICTインテリジェント化影響評価検討会議 」委員(2016年)
    総務省「AIネットワーク社会推進会議」委員(2016年-)
    総務省「情報通信法学研究会」構成員(2017年-)
    東京大学「DNP学術電子コンテンツ研究寄付講座」アドバイザー(2015-2021年)
    日本動画協会「アニメNEXT100」統括会議アドバイザー(2016年-)
    デジタルアーカイブ学会理事兼法制部会長(2017年-)
    エンターテインメント・ロイヤーズ・ネットワーク理事(2017年-)
    一般社団法人アーティストコモンズ 顧問(2019年-)
    文化庁「侵害コンテンツのダウンロード違法化の制度設計等に関する検討会」委員(2019年-2020年)
    文化庁 文化審議会著作権分科会 専門委員(2020年-)
    文化庁 「アーカイブ中核拠点形成モデル事業」検討委員(2020年-)
    緊急事態舞台芸術ネットワーク世話人(2020年-。2021年- 常任理事 兼 政策部会長)
    文化庁EPAD(緊急舞台芸術アーカイブ+デジタルシアター化)事業 実行委員(2020年-)
    日経新聞電子版「Think」初代エキスパート(2020年-)
    日本民間放送連盟賞(テレビ教養番組部門)東京地区審査員(2021年)
    日本文学振興会評議員(2021年-)
    文化庁「文化芸術分野の適正な契約関係構築に向けた検討会議」委員(2021年-)
    JPASNアートキャラバン「日本の演劇」未来プロジェクト実行委員(2021年-)
    総務省「映像実演分野における新たな権利処理の円滑化方策」調査委員(2021年-)
    内閣府知的財産戦略本部構想委員会 委員(2022年-)
    内閣府知的財産戦略本部 デジタル時代のコンテンツ戦略タスクフォース 委員(2022年-)
    一般社団法人クリエイターエコノミー協会 監事(2022年-)

    Twitter: @fukuikensaku

    北澤 尚登Kitazawa Hisato

    経歴

       
    開成高等学校出身
    1997年
    東京大学法学部卒業
    2000年
    弁護士登録(第一東京弁護士会・53期)
    内藤・清水法律事務所入所
    2001年
    ユーワパートナーズ法律事務所入所
    2003年
    統合によりシティユーワ法律事務所と改称
    2005年
    米国デューク大学法学修士課程修了
    2005-2006年
    米国の法律事務所 Hughes Hubbard & Reed LLP (ロサンゼルス)にて研修
    2006年9-11月
    イタリアの法律事務所 Gianni, Origoni, Grippo & Partners (ローマ)にて研修
    2009年2月
    骨董通り法律事務所加入
    2011年10月-
    骨董通り法律事務所パートナー

    著書・論文

    「デジタル広告クリエイティブの肖像権・著作権 実務必修のチェックポイント」宣伝会議 2016年8月号
    「コンテンツ制作における著作権・商標権侵害リスク対策のポイント」宣伝会議 2015年11月号
    「『電子書籍』時代における著作権の法と契約 :Google Books訴訟における米国裁判所のフェアユース判断をふまえて」現代の図書館(日本図書館協会)2013年12月号〔共著〕
    平成24年著作権法改正と大学への影響日本私立大学連盟 大学時報 第346号
    「デジタルコンテンツの制作にも対応できる 契約書・社内文書の押さえどころ」ビジネス法務2012年2月号
    「『グーグル・ブックス』米国クラスアクション和解のインパクト - 電子書籍の著作権処理をめぐる現状と課題」ジュリスト2010年8月1-15日合併号〔共著〕
    「著作権登録の実務的研究 - 登録制度は使えるのか/どう使うべきか/どう改善すべきか - 」知財管理2010年2月号〔共著〕

    執筆コラム

    その他

    ニューヨーク州弁護士
    原子力損害賠償紛争解決センター 仲介委員(2011年-)
    第一東京弁護士会 仲裁センター運営委員会 副委員長(2012年-2018年)
    東北大学 非常勤講師(2013年;集中講義「現代社会と著作権」)
    東京藝術大学 非常勤講師(2014年-2018年;芸術運営論(著作権)講義)
    静岡文化芸術大学 非常勤講師(2015年-2018年;大学院講義「知的財産と法」)
    第一東京弁護士会 民事介入暴力対策委員会 副委員長(2016年-2018年)
    最高裁判所 司法研修所教官(刑事弁護)(2018年-2021年)

    鈴木 里佳Suzuki Rika

    経歴

       
    お茶の水女子大学附属高等学校出身
    2005年
    慶應義塾大学法学部法律学科卒業
    2007年
    弁護士登録(第二東京弁護士会・60期)
    森・濱田松本法律事務所入所
    2010年6月
    骨董通り法律事務所加入
    2012年7月
      
      -2015年6月
    国内大手番組制作会社に出向
    2016年7月
    米国コロンビア大学ロースクール “U.S. Business Law Academy”修了
    2018年
    米国スタンフォード大学法学修士課程修了
    (LL.M. in Law, Science & Technology)
    2019年10月-
    骨董通り法律事務所 オブカウンセル

    著書・論文

    感染症の流行によるイベントの中止、延期、開催方法の変更を行ううえでの留意点BUSINESS LAWYERS(2020年)

    ディジタル著作権の基礎から最前線まで 電子情報通信学会誌 Vol.99 No.2 〔共著〕 2016年
    「ピンク・レディー事件最高裁判決──姿を現した、メディアにおける写真利用の新ルール」月刊新聞研究2012年5月号〔共著〕

    執筆コラム

    その他

    一般社団法人Design-DESIGN MUSEUM設立時理事(2019年-2022年)、顧問(2022年-)

    東京工科大学デザイン学部 非常勤講師(2020年-2022年)
    SHOWROOM株式会社社外監査役(2021年-)

    小林 利明Kobayashi Toshiaki

    経歴

       
    開成高等学校出身
    2004年
    東京大学法学部卒業
    2006年
    慶応義塾大学法科大学院卒業
    2007年
    弁護士登録(第一東京弁護士会・60期)
    長島・大野・常松法律事務所入所
    2013年
    ニューヨーク大学法学修士課程修了
    2013-2014年
    米国の法律事務所 Quinn Emanuel Urquhart & Sullivan LLP (ロサンゼルス)
    にて研修
    2014年9月
    骨董通り法律事務所加入
    2016年9月
      
      -2017年12月
    国内放送番組制作会社に部分出向
    2017年9月-
    骨董通り法律事務所パートナー

    著書・論文

    ツイッターにおけるスクリーンショット画像の添付と適法引用の成否ジュリスト 2022年6月号

    平成30年~令和3年最新改正までフォロー著作権法改正キャッチアップ「ビジネス法務」 (2022年2月号)

    新春企画テーマ別 企業法務 2022年の展望(知的財産)「会社法務A2Z」2022年1月号

    テーマ別 実務に役立つ法律書セレクト(知的財産)「ビジネス法務」2022年1月号

    ツイッターのプロフィール画像と著作者人格権侵害の成否ジュリスト 2021年12月号

    原著作物の全文転載と同一性保持権侵害ジュリスト 2021年6月号

    特集新春企画テーマ別企業法務2021年以降の展望 知的財産月刊「会社法務A2Z」2021年1月号

    通常実施権者による特許権者と第三者間の債務不存在確認と確認の利益ジュリスト 2020年12月号

    高価な芸術作品の違法複製と著作権法114条3項の使用料相当額 ジュリスト 2020年6月号

    実用品デザイン(鞄の形態)の著作物性 ジュリスト 2019年12月号

    商品形態模倣とモデルチェンジ後の商品の保護範囲 ジュリスト 2019年6月号

    『デレブ』のパブリシティ権 ジュリスト 2019年3月号

    マリカー事件地裁判決 ジュリスト 2019年2月号

    ドキュメンタリー映画での報道映像の引用 ジュリスト 2018年8月号

    バカラ電子シュー立体商標事件 ジュリスト 2018年2月号
    『虚偽の事実』を告知した者に対する損害賠償請求が棄却された事例 ジュリスト 2017年8月号
    デジタルアーカイブ利活用と著作権等 アド・スタディーズ 2017年6月25日号(Vol.60)〔共著〕
    不使用商標登録取消審判における『使用』と商標的使用 ジュリスト 2017年2月号
    スポーツ選手の権利とは何か 法学教室 2016年9月号(No.432)〔共著〕
    パロディ商標と不登録事由 ジュリスト 2016年8月号
    原著作物の寄与度を考慮した損害額減額の主張が排斥された事例 ジュリスト 2016年2月号
    応用美術(椅子)の著作物性 ジュリスト 2015年9月号
    米国におけるコピーライト・トロールの活動実態と日本への示唆 知財研フォーラム 101号〔共著〕(2015年)
    「Enforcement of Foreign Judgments Japan」 Wolters Kluwer Law & Business 〔共著〕(2012年)
    「Assessing the consequences」 Asian-Counsel (Volume 8 Issue 7) 〔共著〕 2010年
    「Be careful with redundancies」 The 2010 Guide to Japan 8th Edition, A Supplement to International Financial Law Review 〔共著〕(2010年)
    「もみじ銀行事件等を踏まえ、規程の見直しを!退職慰労金打切りの紛争リスクと対応」 旬刊経理情報 2011年1月1日号(No.1269)〔共著〕(2010年)
    『入門デジタル・アーカイブ―まなぶ・つくる・つかう』 勉誠出版株式会社〔共著〕(2017年)

    執筆コラム

    その他

    ニューヨーク州弁護士
    著作権法学会会員
    日本知財学会会員
    日本スポーツ法学会会員
    経営法曹会議会員
    第一東京弁護士会 労働法制委員会委員
    デジタルアーカイブ学会会員
    神戸大学大学院法学研究科 非常勤講師(2017年-)
    東京藝術大学 非常勤講師(2018年-)
    中央大学兼任講師(2021年-)
    国際バスケットボール連盟 (FIBA) 公認代理人

    岡本 健太郎Okamoto Kentaro

    経歴

       
    岐阜県立岐阜高等学校出身
    1998年
    慶應義塾大学経済学部卒業
    1998-2004年
    ロイター・ジャパン(株) / ロイター・グループPLC(ロンドン)
    (現トムソン・ロイター・マーケッツ(株)/トムソン・ロイター)に勤務
    2007年
    一橋大学法科大学院(ビジネス・ロー コース)修了
    2008年
    弁護士登録(東京弁護士会・61期)
    柳田野村法律事務所(現柳田国際法律事務所)入所
    2014年
    米国ペンシルバニア大学法学修士課程修了(Distinction)
    Wharton Business and Law Certificate修了
    2014年
    松田綜合法律事務所入所
    2015年9月
    骨董通り法律事務所加入
    2018年7月-
    骨董通り法律事務所パートナー

    著書・論文

    宣伝担当者が知っておきたい著作権なんでもQ&A Vol.1-49宣伝会議(2018年10月-2022年10月号)
                                          バックナンバー
    否定的な口コミの法的位置付けとその対応販促会議(2022年9月号)
    NFTと著作権にまつわる諸問題コピライト2022年7月号
    始める前に知っておきたいメタバースにおける権利問題宣伝会議(2022年5月号)
    エンタテインメント法実務弘文堂〔共著〕(6章:インターネット、7章:美術・写真)(2021年6月)
    平成29年著作権法関係裁判例紹介パテント 2018年6月号(Vol.71)
    クリエイティブにおけるリスクマネジメント宣伝会議(2018年5月号)
    平成28年著作権法関係裁判例紹介パテント 2017年6月号(Vol.70)
    TPP後の著作権 - 保護期間延長と非親告罪化を中心に現代の図書館 54巻2号〔共著〕(2016年)
    TPPと著作権実務へのインパクト知財研フォーラム105号〔共著〕(2016年)
    倒産手続選択ハンドブック 改訂版ぎょうせい〔共著〕(2012年)
    民事弁護ガイドブックぎょうせい〔共著〕(2011年)

    執筆コラム

    その他

    ニューヨーク州弁護士
    日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)
    著作権法学会会員
    法とコンピュータ学会会員
    東京藝術大学 非常勤講師(2016年-2018年)
    神戸大学大学院 客員准教授(2017年-)
    文化庁「著作権契約書作成支援システムの時代変化に合わせた構築に関する調査研究」委員(2020年-2021年)
    Japan Contents Blockchain Initiative 著作権流通部会 部会長 (2021年-)
    株式会社アカツキ社外監査役(2021年-)

    佐粧 朋子Sasho Tomoko

    経歴

       
    東京学芸大学附属高等学校卒業
    1991年
    東京大学法学部卒業
    1993年
    弁護士登録(第一東京弁護士会・45期)
    西村眞田法律事務所(現:西村あさひ法律事務所)入所( -1997)
    1995-1997年
    財団法人日本資産流動化研究所客員研究員
    1998年
    ハーバード・ロースクール法学修士課程(LL.M.)修了
    1998-1999年
    Hughes Hubbard & Reed法律事務所(ニューヨーク事務所)勤務
    1999-2004年
    外資系金融機関(現:UBS証券株式会社)企業内弁護士
    2004年-
    骨董通り法律事務所 客員弁護士
    2021年10月-
    骨董通り法律事務所 オブカウンセル

    その他

    ニューヨーク州弁護士

    寺内 康介Terauchi Kosuke

    経歴

       
    慶應義塾志木高等学校出身
    2007年
    慶應義塾大学法学部法律学科卒業
    2009年
    一橋大学法科大学院(ビジネス・ロー コース)修了
    2011年
    裁判官任官(63期)
    さいたま地方裁判所(民事部)
    2014年
    名古屋地方裁判所岡崎支部(民事部)
    2016年
    東京法務局訟務部に出向
    訟務検事として国が当事者となる民事訴訟、行政訴訟、租税訴訟の指定代理人を担当
    2018年
    東京地方裁判所(民事部)
    2020年4月-
    弁護士登録(第二東京弁護士会)
    骨董通り法律事務所加入

    著書・論文

    裁判書類作成・尋問技術のチェックポイント弘文堂〔共著〕(2022年2月)

    平成30年~令和3年最新改正までフォロー著作権法改正キャッチアップ「ビジネス法務」 (2022年2月号)

    舞台芸術に関連する著作権法の例外規定 ~近時の著作権法改正を踏まえて~」公立ホール・劇場職員のための制作基礎知識(2021年増補版)

    新たなライブエンタテインメントに関する課題調査報告書〔共著〕(2020 年11 ⽉)


    執筆コラム

    その他

    緊急事態舞台芸術ネットワーク事務局(2020年-)

    橋本 阿友子Hashimoto Ayuko

    経歴

       
    同志社女子高等学校出身
    2007年
    京都大学法学部卒業
    2009年
    京都大学法科大学院修了
    2011年
    弁護士登録(東京弁護士会・64期)
    2012年1月
    東京青山・青木・狛法律事務所ベーカー&マッケンジー外国法事務弁護士事務所(外国法共同事業)(現ベーカー&マッケンジー法律事務所)入所
    2013年5月
    金子・中・橋本法律事務所(現金子・中・橋本法律特許事務所)入所(大阪弁護士会)
    2017年3月
    骨董通り法律事務所加入(第二東京弁護士会)
    2018年1月
      
      -2019年12月
    国内大手番組制作会社に出向

    著書・論文

    音楽教室事件・控訴審判決 著作権研究 第47号(2022年5月)

    音楽の著作物 ジュリスト 2022年2月号

    「2020年改正著作権法の概要」インターネット白書2021 (令和2年)

    『著作権法及びプログラムの著作物に係る登録の特例に関する法律の一部を改正する法律』の概要 月刊 法律のひろば 2020年12月号
    音楽教室裁判にみる著作権法の諸問題 ジュリスト 2020年7月号

    著作権法改正~教育現場における著作物利用を中心に~わたしは消費者(2020年)

    他人ごとではすまされない!著作権の落とし穴J-Net21(2019年)

    経営者が知っておきたい著作権ビジネスJ-Net21(2019年)

    メロディと引用ジュリスト 2019年9月号

    改正著作権法の概要と実務上の注意点会社法務A2Z 2019年7月号

    デジタルアーカイブ・ベーシックス1 権利処理と法の実務勉誠出版〔共著〕(2019年)

    USERS RIGHTS DATABASE-MEASUEING THE IMPACT OF COPYRIGHT BALANCEinfojustice.org〔共著〕(2018年)

    ヤマハがJASRACを提訴―音楽教室での演奏は聞かせる目的?教育目的?BUSINESS LAWYERS(2017年)
    「著作者人格権の処分についての序論的検討」金沢法学紀要59巻1号〔共著〕(2016年7月)

    執筆コラム

    その他

    神戸大学大学院法学研究科 非常勤講師(2017年-)
    東京藝術大学 利益相反アドバイザー(2019年‐)
    上野学園大学 非常勤講師(2020年-)
    Chordia Therapeutics株式会社 社外監査役(2021年-)

     

    著作権法学会会員
    ALAI JAPAN会員
    デジタルアーカイブ学会法制部会員(2017年-)

     

    第5回日本香港国際コンクールピアノ部門第3位入賞(プロフェッショナルカテゴリー上級クラス)ほか(2016年7月)
    カーネギーホール(NYC)にてピアノ演奏 (2016年7月)
    上野学園大学音楽学部音楽学科器楽コース(ピアノ専門)卒業(2022年3月)

    小山 紘一Oyama Koichi

    経歴

       
    山形県立山形東高等学校出身
    2008年
    東京大学薬学部卒業
    2010年
    神戸大学法科大学院修了
    2013年
    弁護士登録(東京弁護士会・66期)
    2013年-2016年
    参議院議員松田公太 政策担当秘書
    武蔵小山法律事務所 兼務
    2016年
    小山法律事務所開設
    2016年-2019年
    参議院議員山口和之 公設第一秘書を経て政策担当秘書
    2018年
    小野田髙砂法律事務所 兼務
    2019年-現在
    参議院議員山田太郎 政策担当秘書
    2022年3月
    骨董通り法律事務所加入、同オブカウンセル

    著書・論文

    議員秘書の仕事~弁護士の第4の活動領域~ LIBRA 2017年 7月号

    こんなときどうする? 選挙運動150問150答』ミネルヴァ書房〔共著〕

    その他

    東京弁護士会憲法問題対策センター 委員(2018年-)
    日本弁護士連合会 代議員(2020年‐2021年)
    東京弁護士会 常議員(2020年‐2021年)
    エンターテイメント表現の自由の会 監事(2021年-)
    デジタルアーカイブ学会法制度部会員(2021年-)
    デジタルアーカイブ学会法制度部会法制化支援PTメンバー(2021年-)

    出井 甫Idei Hajime

    経歴

       
    早稲田大学本庄高等学院出身
    2013年
    早稲田大学法学部卒業
    司法試験予備試験合格
    2014年
    早稲田大学法科大学院中退
    2015年
    弁護士登録(第一東京弁護士会・68期)
    アンダーソン・毛利・友常法律事務所入所
    2018年2月
    骨董通り法律事務所加入
    2020年5月
    内閣府知的財産戦略推進事務局に出向

    著書・論文

    漫画村事件(福岡地判令和3年6月2日 令和元年(わ)第 1181号)・漫画村広告代理店事件(東京地判令和3年12月21日令和3年(ワ)第1333号) ~そして実効的な海賊版対策に向けて~月刊 知財ぷりずむ2022年7月号Vol.24 No.238
    デジタル時代におけるUGCとアニメ産業の在り方に関する一考察アニメーション研究(2022)第22巻1号
    UGCの創作及び利用に伴う課題と検討の方向性情報の科学と技術2022年3月号(72巻3号)
    写り込みに係る権利制限規定の対象範囲の拡大 月刊 法律のひろば 2020年12月号
    AI創作の現状と著作権法を中心とする検討課題コピライト2020年8月号

    ロボット・AI社会における知的財産制度の現状と在り方法の支配 2020年4月号(197号)〔共著〕
    講座 現代の契約法 各論2青林書院〔共著〕(2019年)
    「憲法シンポジウムのご報告/憲法教育の課題と展望」Ichiben Bulletin 2019年3月号(No.552)
    AI生成物に関する知的財産権の現状と課題~Society 5.0の実現に向けて~情報の科学と技術 2018年12月号(68巻12号)
    「憲法シンポジウムのご報告~弁護士と教師によるコラボ企画~」Ichiben Bulletin 2018年5月号(No.542)
    裁判官と弁護士で考える 保険裁判実務の重要論点第一法規〔共著〕(2018年)
    AI生成物の著作物性の判断基準とその判断手法に関する一考察パテント2018年4月号(Vol.71)
    「若手弁護士の談話室/アパレル案件を通じて再確認した教訓」Ichiben Bulletin 2017年4月号(No.529)
    「刑弁通信/専門家たちとの協力による再度の執行猶予判決」Ichiben Bulletin 2017年3月号(No.528)
    AI創作物に関する著作権法上の問題点とその対策案」パテント2016年12月号(Vol.69)

    執筆コラム

    その他

    日本弁護士連合会 憲法問題対策本部幹事(2017-)
    内閣府知的財産戦略推進事務局参事官補佐(2020-)
    日本アニメ―ション学会監事(2022-)
    第一東京弁護士会 憲法問題検討協議委員会会員
    エンターテインメント・ロイヤーズ・ネットワーク会員
    弁護士知財ネット会員
    個人情報保護士会会員
    著作権法学会会員

    田島 佑規Tajima Yuki

    経歴

       
    洛南高等学校出身
    2013年
    神戸大学法学部卒業
    2015年
    京都大学法科大学院修了
    2016年
    弁護士登録(大阪弁護士会・69期)
    2017年1月
    弁護士法人 淀屋橋・山上合同入所
    2020年5月
    骨董通り法律事務所加入(第二東京弁護士会)
    2022年1月-
    国内大手番組制作会社に部分出向

    著書・論文

    Q&A会社のトラブル解決の手引」追録65号 新日本法規出版(共著)(2019年)

    執筆コラム

    その他

    デザイナー法務小僧 企画・運営(2019年-)
    文化庁 EPAD(緊急舞台芸術アーカイブ+デジタルシアター化)事業 権利処理チーフ(2020年-)

    緊急事態舞台芸術ネットワーク事務局(2020年-)

    京都大学大学院(法学研究科)非常勤講師(2022年-)

    芸術文化観光専門職大学 非常勤講師(2022年-)

    原口 恵Haraguchi Megumi

    経歴

       
    熊本県立熊本高等学校出身
    2016年
    大阪大学法学部法学科卒業
    2018年
    東京大学法科大学院修了
    2019年
    弁護士登録(第二東京弁護士会・72期)
    アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業入所
    2022年4月
    骨董通り法律事務所加入




    城田 晴栄Shirota Harue (株式会社ループホール)

    経歴

       
    土佐女子高等学校出身
    1997年
    学習院大学経済学部経済学科卒業
    アーティストマネジメント事務所(ファイブ・ディー株式会社)入社
    2008年
    音楽出版社である株式会社ループホールを設立 代表取締役就任
    2015年
    弁理士登録
    城田知的財産事務所(高知)開設
    2022年3月
    骨董通り法律事務所協力メンバー

    著書・論文

    「デジタル時代における音楽」 IPジャーナル vol.4 (2018年)
    「音楽専門学校と知財教育 ~音楽業界の弁理士より~」 月刊パテントvol.71 (7) (2018年)
    「コロナ禍のエンタメ業界 -苦悩とその先へ-」 LES JAPAN NEWS vol.62(4)(2021年)
    「マンガでわかる!アイちゃんとサムくんの「教えて!著作権」」 (一社)音楽特定利用促進機構Webコラム(2016年-2020年)

    その他

    尚美ミュージックカレッジ専門学校講師 (2010年-2021年)
    知的財産管理技能士会表彰 奨励賞受賞(2020年度)
    高知県知財総合支援窓口 配置専門家(2019年-)
    文化庁 EPAD(緊急舞台芸術アーカイブ+デジタルシアター化)事業 権利処理担当(2020年-)
    デジタルアーカイブ学会法制度部会員(肖像権PT・法律相談PT)(2020年-)
    デジタルアーカイブ学会評議員(2021年-)
    デジタルアーカイブ学会法制度部会法制化支援WGPT(2021年-)

    ページ上へ