All photos by courtesy of SuperHeadz INa Babylon.

English
English

採用情報 recruiting

正式名称

骨董通り法律事務所 Kotto Dori Law Office

所在地

〒107-0062 東京都港区南青山5-18-5 南青山ポイント1階
電話 03(5766)8980 [代表]

弁護士・秘書の募集

現在、新規の募集はおこなっておりません。
募集の際は随時、本欄に掲載のうえ、メールマガジンでも告知いたします。

2019年夏のインターン募集(ロースクール在学生・本年司法試験を受験した方)


骨董通り法律事務所では、エンタテインメント・メディア法務に興味のあるロースクール在学生および本年司法試験を受験した方に、就業体験の機会を提供します。

【内容】 事務所に在籍する弁護士の指示・監督のもと、案件の検討、リサーチ、メモランダムの作成等を通じて、エンタテインメント・メディア法務の実務を体験していただきます。

【応募資格】 エンタテインメント・メディア法務に興味のあるロースクール在学生または本年司法試験を受験した方で、著作権法に関する基本的知識のある方

【期間】 2019年7月から8月末までの間の、原則として連続する4日間(火曜日から金曜日) (時期は応相談)。実施期間についての詳細は下記をご確認ください。

      ■本年司法試験を受験した方 2019年7月1日(月)から7月19日(金)
      ■ロースクール在学生(※)  2019年7月下旬から8月末まで
       ※本年司法試験を受験した方を除く

【時間】 10時から18時まで(途中1時間昼休憩あり)

【場所】 当事務所

【募集人数】 ロースクール在学生・本年司法試験を受験した方 若干名

【待遇】 日当1万円(諸税込み)支給(交通費、食費は支給されません)

【応募方法】 履歴書(写真貼付・採否通知先のメールアドレスも記載)とともに、志望動機、著作権法履修の有無、他のインターン先やその他アピールポイント(もしあれば)を記載した書類を、下記送付先宛にご郵送またはEメールにてお送りください。
応募書類の返送を希望される場合は、返信用封筒を同封してください。

      (郵送)
       〒107-0062
       東京都港区南青山5丁目18番5号 南青山ポイント1階
       骨董通り法律事務所 夏のインターン募集係宛

      (Eメール)
       recruit@kottolaw.com

【応募締切】
      ■本年司法試験を受験した方 2019年6月14日(金) 消印有効
      ■ロースクール在学生(※)  2019年5月31日(金) 消印有効
       ※本年司法試験を受験した方を除く

【採否のご連絡】 履歴書記載のメールアドレスにご連絡いたします。

【個人情報について】 インターン募集過程で当事務所が取得した個人情報は、選考手続、採否に関するご連絡等のインターン・プログラムの運営、実施の目的でのみ利用させていただき、個人情報保護法その他の法令により認められる事由がある場合を除き、ご本人の同意がない限り、この範囲を超えて個人情報を利用することはありません。



<2018年夏のインターンの方の声>

著作権侵害の有無の立証など、業務の一端に触れさせてもらうことができ、大変有意義なインターンシップでした。骨董通り法律事務所の先生方は、多様なバックグラウンドの方ばかりですが、どの先生も知的財産法が好きで、かつ高い専門性をお持ちです。私は7月初旬に参加させて戴いたのですが、合格後の進路選択にも大変役立ちました。先生方と同様、専門性を身につけたいと考え、現在、企業の法務部立ち上げに従事しています。
  名古屋大学法科大学院 卒業生 N・Tさん

インターンに参加させていただいた4日間は、一日一日が非常に刺激的で濃密な時間でした。業務としてリサーチ・検討する案件は、エンタメ法務の最前線にいる骨董通り法律事務所でしか経験できないようなもので、頭を悩ませながらも先生方とじっくり議論することもでき、非常に貴重な機会をいただきました。また、司法試験受験後、将来についてゆっくり考えることのできる時期に参加したため、自分の目指す弁護士像を形成するにあたり、先生方の仕事ぶりに大きな影響を受けました。
  一橋大学法科大学院 卒業生 M・Hさん

エンタテインメント領域を中心としたコンテンツ関連の法務に携わりたいという思いから参加させていただいたインターンは、憧れの先生方の業務を直に見ることのできた大変貴重な経験となりました。短い時間の中でも、まだまだ多くのことを吸収できたのではないかという少しの後悔はありますが、どのような法律家になりたいかという点について、より一層の明確化を図ることができたのは、このタイミングでインターンに参加させていただいたからであると確信しています。
  慶應義塾大学大学院法務研究科 在学生 Y・Nさん

ページ上へ