All photos by courtesy of SuperHeadz INa Babylon.

English
Loading

事務所の紹介

当事務所は,法律家としての活動を通じて様々な芸術活動を支援する法律事務所として、“For the Arts”を旗印に2003年に設立されました。出版,映像,演劇,音楽,ゲームなどのアート,エンタテインメント業界のクライアントに対する,契約交渉の代理,訴訟などの紛争処理,著作権など知的財産権に関するアドバイスの提供を中心的な取扱業務としています。

また,幅広い業種のクライアントのための企業法務,紛争処理にも力を入れております。

当事務所の所属弁護士は,弁護士としての社会貢献活動を重視しており,各自がそれぞれの課題をもって,弁護士会の委員会活動その他のプロボノ活動(公益活動)を積極的に行っています。

これまでのトピックスはこちら
トピックス

メディア 2018年4月24日 朝日新聞朝刊にて、岡本健太郎が、インターネット上のリンクの問題についてコメントしました。

メディア 2018年4月23日 朝日新聞朝刊に、JASRAC・音楽教室裁判に関する福井健策のコメントが掲載されました。

メディア 2018年4月20日 日本テレビ「news every.」にて、福井健策が赤いサイロの転売問題について解説しました。

メディア 2018年4月18日 福井健策がNHKクローズアップ現代+「追跡! 脅威の“海賊版”漫画サイト」に出演しました。(好評により4月19日、 クローズアップ現代+選として再放送されました。)

メディア 2018年4月18日 朝日新聞朝刊にて、福井健策が、テスト問題の類似問題についてコメントしました。

メディア 2018年4月13日 産経ニュースに、音楽教室問題に関する橋本阿友子のコメントが掲載されました。

メディア 2018年4月10日 月刊『パテント』4月号に、出井甫の「AI生成物の著作物性の判断基準とその判断手法に関する一考察」と題する記事が掲載されました。

メディア 2018年4月10日 IT Mediaに、福井健策のコラム「漫画の海賊版サイト、問題の深刻さとブロッキングの是非」が掲載されました。また、このテーマにて4月11日の朝日新聞朝刊及び4月12日の読売新聞朝刊ほか各紙にてコメントいたしました。

メディア 2018年4月 アニメ・ビジエンス誌に連載「福井健策の著作権とアニメと法務:アニメ・アーカイブ ~100年の夢の記録」が掲載されました。

メディア 2018年4月9日 福井健策が共著で参加した書籍『ロボット・AIと法』が有斐閣より発売されました。

その他 2018年4月 福井健策・二関辰郎が、米国Best Lawyersが公表している Best Lawyers in Japan(メディア・エンタテインメント法分野)に選出されました。

メディア 2018年4月2日 テレビ朝日「スーパーJチャンネル 」にて、福井健策が高島屋でのロリーナ人形買占めについてコメントしました。

メディア 2018年3月31日 宣伝会議5月号に、岡本健太郎の「クリエイティブにおけるリスクマネジメント」に関する記事が掲載されました。

その他 2018年3月23日 メールマガジン第96号を配信しました。内容は、「Kotto Law メールマガジン バックナンバー」をご参照下さい。配信登録を希望される方は、お手数ですが、こちらの「配信申込」よりお手続きをお願いいたします。

メディア 2018年3月23日 日本テレビ「スッキリ」に福井健策が生出演し、マンガ海賊版について解説いたしました。また、3月27日、TBS「ビビット」にも生出演しました。

メディア 2018年3月19日 福井健策がインタビュー、監修などで参加したアサヒカメラ特集「写真好きのための法律&マナー」が好評を受けてムック化発売されます。

メディア 2018年3月18日 産経ニュースに、マンガ海賊版と対策に関する福井健策へのインタビューが掲載されました。

メディア 2018年3月15日 『IPジャーナル』第4号に、中川隆太郎の論考「ファッションデザインは著作物か?―日米欧における現状と展望」が掲載されました。

セミナー・講演

2018年5月14日  出井甫が、JPI(日本計画研究所)において、「多様な『AI(人工知能)ビジネス』を成功させる為に必ず押さえておくべき著作権法と対応実務を2時間で理解させる特別セミナー」を行います。

2018年4月24日  東京藝術大学デザイン学科にて、福井健策が著作権の基礎特別講義を行います(学生対象)。

2018年4月24日  岡本健太郎が、愛知県公立文化施設協議会のセミナー「劇場・ホール管理運営者のための著作権基礎講座」の担当講師を務めます(関係者対象)。

2018年4月23日  岡本健太郎が、Arts and Law主催のイベント「他人の作品を使ってみた。~音楽と模倣~」に登壇します(申込制)。

2018年4月20日  小林利明が、宣伝会議主催による「クリエイターのための法務講座」において担当講師を務めます(一般受講可)。

2018年4月9日  福井健策の今期の日大芸術学部全学科講義「著作権と文化・メディア契約」が開講しました。

2018年4月4日  コンテンツ東京において、福井健策が「60分で詰め込むキャラクター・ブランドライセンスの法務―必須知識編」と題する専門セミナーを行います(申込制)。

2018年4月3日  福井健策が自民党知的財産戦略調査会にて、日本コンテンツの海外展開と海賊版対策の課題について講師を務めます。

2018年4月  福井健策・小林利明が担当する東京藝大秋学期講義「芸術運営論:著作権」の履修登録が始まりました。また、これに先がけて、全入学生を対象に著作権ガイダンス特別講義を行いました。

2018年3月26日  出井甫が、自由人権協会(JCLU)主催の「AIと人権を考える勉強会」で講演を行います。

2018年3月5日  IoTセミナーにて、福井健策が「IoT・ビッグデータ・人工知能コンテンツのインパクトと知的財産権の戦略」と題する講演を行います(申込制)。

2018年2月28日  CNET Japan Live 2018にて、福井健策が「AI・ビッグデータの知的財産権」と題する講演を行います(一般公開)。

2018年2月26日  出井甫が、憲法シンポジウムにて「若手弁護士が中学校の教科書を読んでみました」と題する講演を行います(一般公開)。

2018年2月22日  国立環境研究所において、小林利明が著作権を中心とした広報研修を行います(関係者対象)。

2018年2月20日  ヤマハ株式会社にて、橋本阿友子が「音楽イベント開催からコンテンツ二次利用にいたるまでの権利処理」について講演を行います(関係者対象)。

2018年2月13日   東京弁護士会 知的財産法部の定例部会において、岡本健太郎が「平成29年著作権関係事件の概況」を報告いたします(関係者対象)。

2018年2月6日  岡本健太郎が、日本新聞協会において、「メディアでの写真、映像利用-肖像権などを巡る論点」(仮)と題する講演を行います(関係者対象)。

2018年2月6日  福井健策がスローレーベル主催にて、「クリエイティブな福祉関係者のための法律講座:著作権、肖像権のベーシックをバシバシ身につける」と題する公開レクチャーを行います。

これまでのトピックスはこちら

骨董通り法律事務所:
〒107-0062 東京都港区南青山5-18-5 南青山ポイント1F
電話. 03-5766-8980(代表) FAX. 03-5466-1107
  • 事務所地図へ